ひげのレーザー脱毛と毛のう炎について知っておこう

 

以前は脱毛は男性はあまり行わない傾向にありましたが、今はクリニックやエステサロンでは男性脱毛に力を入れているところも増えています。

 

男性の場合も女性と同じく全身のムダ毛が処理できますが、特に人気が高いのがひげ脱毛です。

 

ひげを毎日剃るとなると手間もかかりますし、肌への負担も決してすくなくありません。

 

ひげ脱毛をしておくと、髭剃りの手間も減り、毛も確実に減らすことができますので、肌もより明るくきれいになる効果も期待できます。

 

 

男性の剛毛にはレーザー脱毛が良い良い効果をあげてくれますが、レーザー脱毛は医療機関で行われている脱毛です。

 

強力な効果を得ることができますが、時には毛のう炎が起きる場合もあります。

 

毛のう炎は一時的に起きる毛穴付近の炎症反応ですが、レーザー脱毛で毛が抜け落ちたときに毛穴から雑菌が入り毛のう炎が起きてしまうこともあります。

 

 

そしてレーザーの照射はやはり肌にはある程度ダメージもありますので、そうしたダメージから起こることもあります。

 

こうした反応は普段にきびがあまりできないというタイプにも起こることがあります。

 

一過性のものですので、しばらくすると自然に治ることも多いですが、心配な場合は脱毛をした医療機関で薬を処方してもらうなどで対応していくと良いでしょう。